転職の面接で「退職理由」を聞かれたら


はじめての転職する上で、面接を全く緊張することなくこなせる人はなかなかいないと思います。
緊張している上に答えを返しにくい質問をされたら……。
「本音を話すことで評価を下げるかもしれない。だからといって嘘をついてはいけないし……」と、頭の中で色々なことがめぐり、しどろもどろな返答になってしまう事がありがちです。
とっさに出た返答によっては、面接担当者達の心証を損なう恐れもあります。
「聞かれては困る」と思う質問をあらかじめ考えておき、返答の練習をしておきましょう。
面接で必ず聞かれるといっていいほどの質問は、「どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか?」ということです。
これについて対策を考えてみます。
企業が面接で「退職理由」を聞く理由とは?
まずは、なぜ面接担当者が「どうして前の会社を辞めたのか(辞めたいのか)のですか?」をたずねるのかを理解しておきましょう。
その理由は……
●また、前の会社と同じ理由で辞めてしまうことはならないだろうか?
●退職のきっかけになった不満を、自社によって解消をしてあげることはできるのか?(うちに入社することによって、この人は幸せになれるのだろうか)
……といったことを確かめるための質問です。
退社の理由を例えると、応募者が「残業が多く、自分の体力がもたない」と語ったとします。
もし面接を受けに行った会社も残業が多ければ、「この人は、うちの会社に来るべきではない」と判断するのが当然ですよね。
この例は、分かりやすいですが、微妙な例えとして、「前の会社では人間関係がうまくいかなかった」という理由の時です。
確かに、人間関係での悩みは、転職することによって環境が変わり解消することができるように思えます。
この理由が転職理由として最も多いのですが、簡単に口にしない方が無難です。
人事担当者が「うちの会社は、アットホームでみんなとても仲がいいから大丈夫だよ」なんて親交的な反応をしてくれる人であればいいのですが、そうそういきません。
ほとんどの人事担当者は、実際にはこう思うでしょう。
「人間関係の悩みは、どこの職場でも絶対にあるはず。この人は、人間関係がうまくいかないとすぐに逃げ出してしまう人なのだろうか」
……あまりいい印象をあたえないです。
「本当に人間関係が原因であり、それ以外の原因が見当たらないし…」と思うかもしれませんが、少し応答の表現を変えることにより、同じ内容を話していても、印象を変えることができます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87111364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。