転職時の面接で受かる質問


転職時の面接での合否は、質問力によって分かれます。
近年では、何度かにわたり面接力アップセミナーを大手人材派遣会社が、開催しています。
面接の最後に必ず質問されるのが「何か質問はありますか?」です。
ここで、優秀な人であれば、その質問は適切であり的確であると痛感しました。
今回取り上げるのは、転職時の面接で受かる特徴や質問をする受験者です。

【転職時の面接前に質問を頭の中で約10個考えていく】
とはいえ、面接で突然、気の利いた質問をするのは、とても難しいことです。
面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えて行くのがベストでしょう。
考えた10個の質問をメモにとって面接会場にもって行きます。
面接の質問時にメモをみて行っても、マイナスになることはありません。
しかし、これは質問時においてだけなので、志望動機や自己PRをする時にメモを見て話すのは御法度です。

【転職時の面接中に好感を持てた内容に対しては、追求した質問をする】
面接で約30分間お互いで話を進めれば必ず興味がある内容があるはずです。
その自分が興味を持った点をより知りたいので、その内容を具体的に教わりたいといったかたちで、質問を追求しましょう。
英文法で学習した5W1Hは質問する時に大変役に立ちます。
なぜ? どのように? などを使って質問をしてみましょう。

【転職面接時にはHPで書いてある初歩的なことを絶対に聞かない】
会社のHPで書いてある、売り上げや社員数、どんなサービスをしているのか? などは、前日までに必ず目を通すべきです。
会社のHPに掲載されている内容に目を通さずに面接で質問をすることは、相手に大変失礼です。
しかしながら、HPに書いてある内容をより知りたいといい質問をする事は大変良いことです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87111366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。