女性の転職


一昔前は、転職するということ事態が世間に認められていず、一つの会社に長く勤めていることが良いとされていました。

しかし、現在では、キャリアアップのためなどと、転職することにさほどデメリットが感じられなくなってきていますし、男性に比べて女性が特別不利ということは少なくなってきています。

とはいえ、中途採用者への評価が厳しい会社もありますし、男性に比べて女性の転職が不利なポイントはいくつかあります。

男性に比べ、女性の転職が不利になる最大のポイントは、なんといっても結婚や出産についてです。

いくら男女の就職について差別がなくなったとはいえ、女性は適当な年齢になれば「いずれは結婚して、出産するだろう」と見られることがほとんどかと思います。
20代半ばから後半にかけての年齢ですと、特に「雇ったはいいが、直ぐ結婚やなにやらでやめられるのではないか?」と思われることが多いようです。
そのため、同じような条件の男性と女性が居た場合、どうしても女性が不利となってしまうと思えます。

また、子供がいると、子供に関する行事や病気などで遅刻や早退などが増えてしまうのということもあります。

本人にそのつもりがなくても、先に働いていらっしゃる女性が、そのような理由で退職したり、遅刻や早退が多かったりしたら、やはり会社側としては、敬遠しがちになってしまい、女性であるということが不利となってしまいます。
適齢期ともいえる女性でしたら、転職の際にはそのあたりについて、充分にアピールする必要があるでしょう。

実際に転職する際には、やはりそれ相応のリスクが伴います。
ですから、ある程度の計画性を持って、専門性の高い資格やキャリアなど、採用してくれる会社側が魅力と思えるようなものを用意し、更に若干の貯蓄なども蓄えた上で、キャリアアップを目指すのが良いと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96518332

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。