40代女性の転職


女性が転職する際、結婚や出産という兼ね合いもありますので、年齢が一つのポイントとなる場合も多いです。
求人情報誌などを見ても、20〜35歳くらいまでの求人をする企業は多くありますが、40代ともなると、求人数も減ってきてしまいます。

現在、企業側が求めているのは「優秀な人材」とされていますので、少しずつ、応募年齢を上げたり、年齢不問としている企業も増えてきているようです。

とはいっても、年齢が上がると、ある程度、給料も上げなくてはなりませんので、余程アピールできる実務経験や、資格などが無ければ、就職するのは難しいのが現実です。

40代以上の女性が求められる職場は格式を重んじるところや、顧客の信頼感を高めたいと思うようなところが多いようです。
また、現在有望とされる介護やメンタルヘルスなど、40代の女性であることによって、安心感を与えるような仕事は募集も多くあるようですので、そういった資格を取得するのも良いと思います。

また、40代以上の女性は、自己主張が激しいと、敬遠されるということもあります。
何かを教えてもらうときや、問題があったとき、素直に「すいません」と謝るだけですめばよいのですが、「でも、私は・・・」と自分の考えを述べる人も少なくありません。
もちろん、それが有益な議論であれば、それに越したことはありませんが、そのときの感情に任せ、反論するだけとなってしまうような人も、実際には多いようなので、企業に敬遠される理由にもなってしまっています。
自己主張の激しい、扱いづらいと思われるのは避けたいところですので、自己PRの際には気をつけたいものです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96518333

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。