女性医師の転職


2000年に行われた医師国家試験より、合格者に締める女性の割合は、ずっと右肩上がりで増えてきているように、近年では女性の医師がずいぶん増えてきました。

女性の医師が増えるというのは、喜ばしいことではありますが、女性の場合、研修医時代や医師としてのキャリアを形成する時期に、ちょうど結婚や出産、育児などで、第一線を退いてしまう場合もあるようです。

その為、厚生労働省では地方での医師不足との絡みや女性医師が働きやすい職場環境を得るため、女性医師専用の医師バンクの創設にも乗り出しているそうです。

医師であっても、開業せねば就職しなくてはなりません。
以前は大学の医局に頼った就職活動がほとんどだったようですが、最近ではより働きやすい環境を得るため、インターネットや雑誌などによって勤務先の病院を探す医師も増えてきているようです。

既婚の女性医師の場合、当直ができないだとか、出産によりブランクがあるだとか、託児所が必要だとか、男性医師と比べると、病院へ要求する職場環境や条件が多くなり、転職が厳しくなることもあるかと思います。

そういった条件について、最初から提示した上での就職・転職活動は、なかなか厳しいものではあります。
しかし、女性医師専門の求人サイトなどでは、こういった細かい条件を提示した上で、求人情報などを提供してくださるようですので、転職を考える際には、是非活用してみたいものです。

せっかくの医師としてのキャリア。
無駄にせずに、少しでもよりよい環境で働けるよう、下調べをきちっとした上での転職をしたいものです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96518334

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。