女性の転職と結婚


女性が転職をする際、最もネックとなることの一つが、結婚や出産に関することだと思います。

いくら男女の就職について差別がなくなったとはいえ、女性は適当な年齢になればいずれは結婚して、出産するということがあります。

採用する側の会社としても、せっかく仕事を覚えてもらった途端に、こういった理由によって、退職や休職をされるのは、おめでたいこととは言え、歓迎されることではありません。

そのため、20代半ばから後半にかけて、結婚適齢期といわれる年齢の転職の場合は、特に「雇ったはいいが、直ぐ結婚やなにやらでやめられるのではないか?」と思われることが多いようです。
そのため、採用する側としては、同じような条件の男性と女性が居た場合、女性が不利となってしまうということになってしまいます。

また、子供がいると、子供に関する行事や病気などで遅刻や早退などが増えてしまうのということもあります。
もちろん、育児をする上では、配偶者と協力するということが欠かせませんが、世間一般の風潮をみても、たとえば子どもが熱を出したとき、「休ませてください」といいやすいのは、女性のほうですよね。

「ワタシは夫の理解もあるし、仕事を第一とします」と、配偶者の理解を既に得られていたとしても、先に働いていらっしゃる女性が、そのような理由で退職したり、遅刻や早退が多かったりしたら、やはり採用する会社側としては、敬遠しがちになってしまいます。

女性が転職する場合は、こういった問題についても、よく考えた上で、慎重に決断したいものです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。