転職女性の面接時のメイク


転職を成功させるなら、面接では好印象を与えたいところ。

社会人として、最低限の身だしなみを整えるのは当たり前ですが、女性ならメイクにもこだわりたいところです。

メイクはナチュラルメイクが基本となります。

ファンデーションは顔色をよく見せるというのを基本に、あまり濃くなりすぎないように注意します。
首元と顔色が異なるのは、化粧の濃さを感じさせますので、一体化させるようにしてください。

チークも濃い色は避けます。
顔色が悪いなど、顔から疲れを感じさせるのは、面接時の印象が悪くなりますので、パステルカラーなど、明るく、濃すぎない色を頬の一番高いところに一塗りする程度でよいと思います。

口紅も派手な印象を与える濃い色は避けます。
しかし、唇の色味が薄いというのも、全体的にボケた印象となってしまいますので、オレンジやピンクといった色であっても、ベージュなどが入った色味の落ち着いたものをチョイスしてください。

アイメイクについても、同様です。
青や緑といった寒色系の色は、派手できつめな印象を与えますので、ブラウン系や赤系など、温かみのある色を使用するのが良いと思います。

まつ毛についても、ナチュラルメイクです。
最近はボリュームアップマスカラなど、まつ毛が長くボリュームあるのが好まれますが、面接では避けたほうが無難です。
マスカラを使用する場合は、適当な量とし、きちんとブラシを使用し、ダマなどは作らないようにしてください。

面接は中身重視だろうから、メイクなんて普段どおりでも・・と思うかもしれませんが、短い面接時間全てを判断されるのですから、当然、見た目も重要です。
特に女性は見た目が武器となる場合もあります。

転職するときに、そんなゆとりは内と思うかもしれませんが、身だしなみを整えるということは、面接で好印象を与えるには不可欠ですので、努力は惜しまないほうが良いようです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。