転職女性の服装


実際に転職を行動にうつす時、面接の際の服装も気になりますよね。

女性の場合もスーツは一般的に黒やグレーといった、定番カラーが良いとされています。

また、女性用のリクルートスーツを購入する際にデザインについて一番悩むのがパンツかスカートかということだと思います。
基本的に、スーツであれば、パンツであってもスカートであっても、それほど問題となりませんが、スカートのほうが無難であるようです。
最近では、ジャケット、パンツ、スカートとセットになったものも多くありますので、そういったものを購入するのも良いと思います。

ボタンの数などについては、特に気にする必要はないようですが、胸元の大きく開いたものや、スカートのスリットが深いものなどは避けたほうが良いです。

シャツのカラーについては、白や淡いブルーやピンクなど爽やかな色合いのものが好まれます。

靴もシンプルなパンプスで、ヒールの高さは3〜5cm程度が、足首が引き締まり、見た目にもきれいです。
色はスーツに合わせるのが良いでしょう。

ストッキングは自分の肌より、暗い色のもののほうが、足も細く見え、全体のバランスもよく見えます。

化粧については、気合が入りすぎてあまり派手になるといったことのないよう、ナチュラルメイクを心がけてください。

一般に人の第一印象は6〜10秒で決まるといわれています。
面接であってもこれは変わりません。
既に社会人として働いた経験のある、転職者の場合ですと特に、服装や身だしなみによって「社会人としてのマナー」が問われることとなります。

面接は中身重視だろうから、服装なんて適当で大丈夫だと思うかもしれませんが、短い面接時間で自分の全てをアピールするには、第一印象が重要になってきますし、特に女性は、見た目が重要視されることも多くなってきます。

きちんとした服装で、まずはその第一印象を好印象と持っていきたいものですね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。