女性の転職に役立つ資格


男性、女性に限らず、将来最終的に頼れるのは、自分自身のキャリアなのではないでしょうか。
このキャリアやキャリアアップという言葉は、最近よく耳にするようになりました。
キャリアとは経験、キャリアアップとは、今までの経験や職歴を活かし、よりやりがいのある仕事に就くことなどをいいます。

キャリアアップをするために、必要とされることは、専門分野での知識や経験とされており、約半数以上の人が、キャリアアップのために自己投資をしているそうで、その目的の約7割が資格の取得のためとなっているそうです。

転職のためには必ず資格が必要というわけではありません。
しかし、より専門知識を高めるために漠然と勉強するよりも、資格などという目的があったほうが勉強もしやすくなりますし、自己アピールする材料ともなります。

資格は、より専門性を高めるためのものですが、女性が転職をする際、有利となる資格も様々あります。

例えば接客系の仕事でしたら、販売士などがあげられますが、最近ではDIYアドバイザーやシューフィッターといったより専門性の高い資格も人気があるようです。

事務系においては、その職種によって様々な資格があります。
簿記や秘書検定などは女性向けの資格として、既に周知のものですが、宅地建物取引主任者、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなど、生涯、仕事を続けて生きたいと考える女性にお勧めできる資格もあります。

転職には必ず資格が必要というわけではありませんが、より、なりたい自分に近づくためにも、資格の取得は良い励みにもなると思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96518341

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。