女性の転職に役立つ資格


男性、女性に限らず、将来最終的に頼れるのは、自分自身のキャリアなのではないでしょうか。
このキャリアやキャリアアップという言葉は、最近よく耳にするようになりました。
キャリアとは経験、キャリアアップとは、今までの経験や職歴を活かし、よりやりがいのある仕事に就くことなどをいいます。

キャリアアップをするために、必要とされることは、専門分野での知識や経験とされており、約半数以上の人が、キャリアアップのために自己投資をしているそうで、その目的の約7割が資格の取得のためとなっているそうです。

転職のためには必ず資格が必要というわけではありません。
しかし、より専門知識を高めるために漠然と勉強するよりも、資格などという目的があったほうが勉強もしやすくなりますし、自己アピールする材料ともなります。

資格は、より専門性を高めるためのものですが、女性が転職をする際、有利となる資格も様々あります。

例えば接客系の仕事でしたら、販売士などがあげられますが、最近ではDIYアドバイザーやシューフィッターといったより専門性の高い資格も人気があるようです。

事務系においては、その職種によって様々な資格があります。
簿記や秘書検定などは女性向けの資格として、既に周知のものですが、宅地建物取引主任者、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなど、生涯、仕事を続けて生きたいと考える女性にお勧めできる資格もあります。

転職には必ず資格が必要というわけではありませんが、より、なりたい自分に近づくためにも、資格の取得は良い励みにもなると思います。

転職女性の服装


実際に転職を行動にうつす時、面接の際の服装も気になりますよね。

女性の場合もスーツは一般的に黒やグレーといった、定番カラーが良いとされています。

また、女性用のリクルートスーツを購入する際にデザインについて一番悩むのがパンツかスカートかということだと思います。
基本的に、スーツであれば、パンツであってもスカートであっても、それほど問題となりませんが、スカートのほうが無難であるようです。
最近では、ジャケット、パンツ、スカートとセットになったものも多くありますので、そういったものを購入するのも良いと思います。

ボタンの数などについては、特に気にする必要はないようですが、胸元の大きく開いたものや、スカートのスリットが深いものなどは避けたほうが良いです。

シャツのカラーについては、白や淡いブルーやピンクなど爽やかな色合いのものが好まれます。

靴もシンプルなパンプスで、ヒールの高さは3〜5cm程度が、足首が引き締まり、見た目にもきれいです。
色はスーツに合わせるのが良いでしょう。

ストッキングは自分の肌より、暗い色のもののほうが、足も細く見え、全体のバランスもよく見えます。

化粧については、気合が入りすぎてあまり派手になるといったことのないよう、ナチュラルメイクを心がけてください。

一般に人の第一印象は6〜10秒で決まるといわれています。
面接であってもこれは変わりません。
既に社会人として働いた経験のある、転職者の場合ですと特に、服装や身だしなみによって「社会人としてのマナー」が問われることとなります。

面接は中身重視だろうから、服装なんて適当で大丈夫だと思うかもしれませんが、短い面接時間で自分の全てをアピールするには、第一印象が重要になってきますし、特に女性は、見た目が重要視されることも多くなってきます。

きちんとした服装で、まずはその第一印象を好印象と持っていきたいものですね。

転職女性の面接時のメイク


転職を成功させるなら、面接では好印象を与えたいところ。

社会人として、最低限の身だしなみを整えるのは当たり前ですが、女性ならメイクにもこだわりたいところです。

メイクはナチュラルメイクが基本となります。

ファンデーションは顔色をよく見せるというのを基本に、あまり濃くなりすぎないように注意します。
首元と顔色が異なるのは、化粧の濃さを感じさせますので、一体化させるようにしてください。

チークも濃い色は避けます。
顔色が悪いなど、顔から疲れを感じさせるのは、面接時の印象が悪くなりますので、パステルカラーなど、明るく、濃すぎない色を頬の一番高いところに一塗りする程度でよいと思います。

口紅も派手な印象を与える濃い色は避けます。
しかし、唇の色味が薄いというのも、全体的にボケた印象となってしまいますので、オレンジやピンクといった色であっても、ベージュなどが入った色味の落ち着いたものをチョイスしてください。

アイメイクについても、同様です。
青や緑といった寒色系の色は、派手できつめな印象を与えますので、ブラウン系や赤系など、温かみのある色を使用するのが良いと思います。

まつ毛についても、ナチュラルメイクです。
最近はボリュームアップマスカラなど、まつ毛が長くボリュームあるのが好まれますが、面接では避けたほうが無難です。
マスカラを使用する場合は、適当な量とし、きちんとブラシを使用し、ダマなどは作らないようにしてください。

面接は中身重視だろうから、メイクなんて普段どおりでも・・と思うかもしれませんが、短い面接時間全てを判断されるのですから、当然、見た目も重要です。
特に女性は見た目が武器となる場合もあります。

転職するときに、そんなゆとりは内と思うかもしれませんが、身だしなみを整えるということは、面接で好印象を与えるには不可欠ですので、努力は惜しまないほうが良いようです。

女性の転職と結婚


女性が転職をする際、最もネックとなることの一つが、結婚や出産に関することだと思います。

いくら男女の就職について差別がなくなったとはいえ、女性は適当な年齢になればいずれは結婚して、出産するということがあります。

採用する側の会社としても、せっかく仕事を覚えてもらった途端に、こういった理由によって、退職や休職をされるのは、おめでたいこととは言え、歓迎されることではありません。

そのため、20代半ばから後半にかけて、結婚適齢期といわれる年齢の転職の場合は、特に「雇ったはいいが、直ぐ結婚やなにやらでやめられるのではないか?」と思われることが多いようです。
そのため、採用する側としては、同じような条件の男性と女性が居た場合、女性が不利となってしまうということになってしまいます。

また、子供がいると、子供に関する行事や病気などで遅刻や早退などが増えてしまうのということもあります。
もちろん、育児をする上では、配偶者と協力するということが欠かせませんが、世間一般の風潮をみても、たとえば子どもが熱を出したとき、「休ませてください」といいやすいのは、女性のほうですよね。

「ワタシは夫の理解もあるし、仕事を第一とします」と、配偶者の理解を既に得られていたとしても、先に働いていらっしゃる女性が、そのような理由で退職したり、遅刻や早退が多かったりしたら、やはり採用する会社側としては、敬遠しがちになってしまいます。

女性が転職する場合は、こういった問題についても、よく考えた上で、慎重に決断したいものです。

女性がキャリアアップするために


転職によるキャリアアップを成功させるには、男性であれ女性であれ、まずは自分自身を見直すことが必要となります。
どういった仕事をしていきたいかすらわからない人を、企業はなかなか採用してくれません。

今までどんな仕事をしてきたのか、また、これからどんな仕事をしていきたいのかをもう一度見直し、今後はどのような仕事をしていきたいかを決めた上で、そのために必要とされる準備をしていきましょう。

転職によるキャリアアップを目指す際、その職業の専門性を高めるということが最も大切となります。
専門性を高める上で、解りやすい目安となるのが、資格です。

転職のためには必ず資格が必要というわけではありません。
しかし、より専門知識を高めるために漠然と勉強するよりも、資格などという目的があったほうが勉強もしやすくなりますし、面接などの際、自己アピールする材料ともなります。

女性であれば、秘書検定や簿記検定といった資格も人気ありますし、証券アナリストやファイナンシャル・プランナーといった、より専門的な資格も勉強する価値があるのではないでしょうか。

一般的な社会人を対象としたアンケートにおいても、その半数以上が、今後キャリアアップしていくためには、ある程度の自己投資が必要であると、各種専門書や講習会といった方法で、勉強を始めているそうです。

転職には必ず資格が必要というわけではありません。
しかし、女性は就職する際において、男性よりも結婚や出産などを理由に、採用されにくいという場合があります。
そういったハンデを乗り越え、自分の目指す会社に採用され、キャリアアップするためには、資格を取るというのも一つの手段となるのではないでしょうか。

女性の転職のポイント


転職の際、採用される企業による面接は欠かせないものですが、同時に最も怖いものでもあります。

10〜30分くらいの短い時間の中で、自分が如何に企業にとって有益な人物であるか、今後はどのような仕事をしていきたいかなどをアピールしなければならないのですから、その要点をまとめるだけでも大変なことです。

女性が転職を成功させるための、重要なポイントは自分を振り返ることです。
面接官に対して、自分をアピールするのに、その自分のことがわかっていないのであっては、話になりません。
自分の今までの学歴や仕事によって、どのようなことを身に着けてきたのか。
それを、採用された会社で、どのようにいかしていきたいのか。
どういったスキルや資格、素養などがあるのかをまとめる必要があります。

その作業において、おすすめできる方法があります。
アメリカで開発されたというブレインダンプと呼ばれるもので、とても簡単なものです。
やり方としては、なるべく大きな紙を用意して、一つ一つのテーマに沿って、それに関することをただひたすらに書いていくというものです。

就職面接のためであれば、自分のアピールできることに関して、頭が空っぽになるまで書いていきます。
資格があるだとか、英語が得意だか、仕事に関係しそうなこと以外にも、家族仲がよいだとか、本をよく読むだとか、本当に些細なことでも良いのです。
女性であれば、化粧が得意だとか、流行に敏感だということも、立派なアピールポイントとなるでしょう。
それらをいくつも出していくと、自分の得意分野や性格が、ある程度具体化されていきます。

そうして自分を見直すことによって、改めて、自分の得手不得手が把握できますので、転職に対しても、判断材料の一つになると思います。

女性であれ、男性であれ、転職は一つの転機です。
後悔のない転職とするためにも、とことん、自分を見つめなおしておきたいところですね。

女性が転職を成功させるために


女性が転職を成功させるために必要とされることが、その採用理由を理解することだと思います。
採用官によっては、個人の個性を重視する場合や、職務経験を重視する場合、企業や仕事に対する誠実さを重視する場合など、様々あります。

もちろん、ある程度の採用基準もありますので、面接における自己アピールなどは重要になりますし、女性であれば、見た目も重要なポイントなります。
10〜20分というとても短い時間の中で、自分の個性、自分が如何に企業にとって有益な人物であるか、今後はどのような仕事をしていきたいかなどをアピールしなければならないのですから、その要点をまとめるだけでも大変なことです。

しかし、その面接において、自分を良く見せようと思うばかりに、過剰な表現や脚色をしてしまうのは、よくありません。
面接官は人物を見るプロでありますので、そういった嘘は見抜かれてしまうことがほとんどですし、逆に不採用の理由になってしまうことになりかねません。

短い時間だからこそ、嘘、偽りのない、本当の自分を解ってもらう必要がありますので、面接を成功させるためには、自分を見つめなおし、きちんとした自己アピールポイントまとめておくことが、大切となります。

また、仕事に関する意気込みも、欠かすことのできないアピールポイントですが、だからといって、できない仕事や、やりたくない仕事をできるといってしまうということは、後に採用されたときに、自分の絞めることにもなりかねません。
転職できさえすればよい。と考えるのではなく、ありのままの自分を受け入れてくれる会社を探すというのも、一つの転職の成功の形であると思います。

女性が転職する場合には、年齢などの兼ね合いもでてきますので、よく考えた上で、転職について考えたいものです。

女性医師の転職


2000年に行われた医師国家試験より、合格者に締める女性の割合は、ずっと右肩上がりで増えてきているように、近年では女性の医師がずいぶん増えてきました。

女性の医師が増えるというのは、喜ばしいことではありますが、女性の場合、研修医時代や医師としてのキャリアを形成する時期に、ちょうど結婚や出産、育児などで、第一線を退いてしまう場合もあるようです。

その為、厚生労働省では地方での医師不足との絡みや女性医師が働きやすい職場環境を得るため、女性医師専用の医師バンクの創設にも乗り出しているそうです。

医師であっても、開業せねば就職しなくてはなりません。
以前は大学の医局に頼った就職活動がほとんどだったようですが、最近ではより働きやすい環境を得るため、インターネットや雑誌などによって勤務先の病院を探す医師も増えてきているようです。

既婚の女性医師の場合、当直ができないだとか、出産によりブランクがあるだとか、託児所が必要だとか、男性医師と比べると、病院へ要求する職場環境や条件が多くなり、転職が厳しくなることもあるかと思います。

そういった条件について、最初から提示した上での就職・転職活動は、なかなか厳しいものではあります。
しかし、女性医師専門の求人サイトなどでは、こういった細かい条件を提示した上で、求人情報などを提供してくださるようですので、転職を考える際には、是非活用してみたいものです。

せっかくの医師としてのキャリア。
無駄にせずに、少しでもよりよい環境で働けるよう、下調べをきちっとした上での転職をしたいものです。

40代女性の転職


女性が転職する際、結婚や出産という兼ね合いもありますので、年齢が一つのポイントとなる場合も多いです。
求人情報誌などを見ても、20〜35歳くらいまでの求人をする企業は多くありますが、40代ともなると、求人数も減ってきてしまいます。

現在、企業側が求めているのは「優秀な人材」とされていますので、少しずつ、応募年齢を上げたり、年齢不問としている企業も増えてきているようです。

とはいっても、年齢が上がると、ある程度、給料も上げなくてはなりませんので、余程アピールできる実務経験や、資格などが無ければ、就職するのは難しいのが現実です。

40代以上の女性が求められる職場は格式を重んじるところや、顧客の信頼感を高めたいと思うようなところが多いようです。
また、現在有望とされる介護やメンタルヘルスなど、40代の女性であることによって、安心感を与えるような仕事は募集も多くあるようですので、そういった資格を取得するのも良いと思います。

また、40代以上の女性は、自己主張が激しいと、敬遠されるということもあります。
何かを教えてもらうときや、問題があったとき、素直に「すいません」と謝るだけですめばよいのですが、「でも、私は・・・」と自分の考えを述べる人も少なくありません。
もちろん、それが有益な議論であれば、それに越したことはありませんが、そのときの感情に任せ、反論するだけとなってしまうような人も、実際には多いようなので、企業に敬遠される理由にもなってしまっています。
自己主張の激しい、扱いづらいと思われるのは避けたいところですので、自己PRの際には気をつけたいものです。

女性の転職


一昔前は、転職するということ事態が世間に認められていず、一つの会社に長く勤めていることが良いとされていました。

しかし、現在では、キャリアアップのためなどと、転職することにさほどデメリットが感じられなくなってきていますし、男性に比べて女性が特別不利ということは少なくなってきています。

とはいえ、中途採用者への評価が厳しい会社もありますし、男性に比べて女性の転職が不利なポイントはいくつかあります。

男性に比べ、女性の転職が不利になる最大のポイントは、なんといっても結婚や出産についてです。

いくら男女の就職について差別がなくなったとはいえ、女性は適当な年齢になれば「いずれは結婚して、出産するだろう」と見られることがほとんどかと思います。
20代半ばから後半にかけての年齢ですと、特に「雇ったはいいが、直ぐ結婚やなにやらでやめられるのではないか?」と思われることが多いようです。
そのため、同じような条件の男性と女性が居た場合、どうしても女性が不利となってしまうと思えます。

また、子供がいると、子供に関する行事や病気などで遅刻や早退などが増えてしまうのということもあります。

本人にそのつもりがなくても、先に働いていらっしゃる女性が、そのような理由で退職したり、遅刻や早退が多かったりしたら、やはり会社側としては、敬遠しがちになってしまい、女性であるということが不利となってしまいます。
適齢期ともいえる女性でしたら、転職の際にはそのあたりについて、充分にアピールする必要があるでしょう。

実際に転職する際には、やはりそれ相応のリスクが伴います。
ですから、ある程度の計画性を持って、専門性の高い資格やキャリアなど、採用してくれる会社側が魅力と思えるようなものを用意し、更に若干の貯蓄なども蓄えた上で、キャリアアップを目指すのが良いと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。