30代女性の転職


30代ともなれば、社会人として大よそのことがわかって来る時期でもありますから、より自分にあった仕事がしたいと、転職を考えたくなる時期でもあるかと思います。
実際に、転職に関するアンケートによっては、その相談の約4割が30代からの質問となっているということからも、30代の方の転職への関心の高さがうかがえます。

とはいっても、女性も30代となると、本当にいい求人があるのだろうかとか、この転職に失敗したらもう先が無いのではなどと、転職への期待があると同時に、様々な不安がぬぐえず、不満を抱えたまま同じ会社で働き続ける人も多いかと思います。

20代は修行の時期、30代はより専門性を高める時期とも言われ、20代の頃と比べると、会社から期待されることも、より多くなってきます。
20代までに学んだことを基本に、更にやりたい仕事を絞り込んでいくことが良いとされていますが、30代の女性ともなると、結婚や出産など、先々のことも考えねばなりません。

30代でキャリアアップを成功させるには、専門分野での知識や経験が必要となります。
求人情報誌などをみると、転職を考える人の約半数以上の人が、キャリアアップのために専門書を購入したり、講習会に参加したりと、先行投資をしているそうす。

今までの経験や職歴を活かし、よりやりがいのある仕事に就くためには、実際に転職という局面に立つ前から、様々な取り組みが必要となるようです。

また、転職したからといって、本当にキャリアアップできているのかは、5年から10年後を見ないと結果がわからないとも言われています。
安易な転職は、自分の首を絞めることともなりますので、控えたいものです。

20代に比べ、会社からの期待や、責任の増加など、より慎重な判断が必要となる30代女性の転職。
後悔のないように、慎重に行いたいものです。

女性の転職について考える


転職を考える女性は多いと思います。

といっても、転職を考える動機としては「なんとなく会社と会わない」、「別の仕事がしたい」といった、漠然とした理由から、「セクハラに耐えられない」、「労働条件が厳しい」などと明確な理由まで様々あると思います。

景気は上向きだといわれるようになりましたが、それでも安易な転職は考え物です。
転職が世間で認められるようになったとはいえ、やはり同じ会社でずっと勤め続けられるといったことのほうが、評価が高いというのは、変わりません。

「今の勤め先より条件の良い会社に誘われた」なんていうことでしたら、喜んで転職しても良いでしょうが、そんないい話があるのは稀です。

転職する際には、その会社を志望する動機を聞かれるのと同時に、なぜ、前の会社を辞めたのかと聞かれる場合がほとんどだと思います。

その時、「なんとなく・・・」という理由しかないのでしたら、採用する側の会社も、「うちの会社もなんとなく・・で辞めてしまうだろう」と思ってしまいますよね。
そうならないためにも、転職する際にはある程度の計画性が必要となります。

今勤めている会社を辞める理由。
次に勤める会社の条件。
次の仕事に必要になるであろう資格など。
そして、ある程度の貯蓄。
止むを得ない事情がないのでしたら、最低でもこれらを揃えた上で、転職は考えたいものです。

安易な動機の転職は、条件が揃わずキャリアアップとならない場合が多いようです。
転職を考える際には、もう一度よく考え直したほうが良いでしょう。

転職する女性派遣社員


少し前、ドラマでも取り上げられた派遣社員。
そのドラマはとても人気があったので、派遣の仕事について、良いイメージを抱いた人もいらっしゃるかと思いますが、実際のところは、どうなんでしょう。

派遣社員は、決められた期間に、決められた内容の仕事をするものです。
そのため、その仕事内容に適した、キャリアやスキルがあれば、スペシャリストとして、高い時給で働くことができるそうです。

また、働く時間についても、自分の都合に合った条件で探すことが、一般の会社員に比べ、容易ですので、結婚や出産などにより、勤務時間が限られることの多い女性や、キャリアアップを目指す女性には向いた雇用状態かとも思います。

その為か、人材派遣会社の業績は飛躍的に伸びており、転職を考える女性の強い味方になっているともいえるのではないでしょうか。

派遣の仕事は自分の能力で給料が決まるらしいので、今までキャリアアップを重ね、自分のスキルに自信がある方でしたら、年齢を問わず、たくさんの仕事が用意されているようです。

また、これからキャリアを積んでいこうと思っている人にも、、派遣会社によっては、そのスキルアップのため、講習会などを開いてくれるところもあるそうですし、時間が比較的とりやすい派遣は、自分の勉強のための時間もとりやすいので、良いのではないかと思います。

やりたい仕事と目的がはっきりとしている方にとっては、派遣の仕事は強い味方といえるようですので、転職を考える時には、派遣についても視野に入れてみると良いと思います。

転職する女性派遣社員の期間と福利厚生


不況により、正社員としての雇用が極端に減少したということや、ライフスタイルの多様化により、派遣社員という勤務形態が脚光を浴びるようになってきました。

特に女性の場合、結婚や出産、育児など、働ける時間が限られる場合も多く、拘束時間の長短も選べる派遣社員は、転職の際の一つの選択肢となるようになってきています。

そんな働きたい女性の味方ともいえる派遣社員ですが、雇用保険など福利厚生については、不安な面もあります。

まず、雇用保険への加入は労働時間が賃金支払の基礎となった日数14日以上の月が6ヵ月以上あり、かつ、雇用保険に加入していた期間が満6ヵ月以上あるこいうことが条件となります。
一般的に3〜6ヶ月程度の期間で契約を更新することになる登録型の派遣ですと、雇用保険への加入は難しくなってしまいますが、止むを得ない事情があり、転職せざるを得ない状況であれば、贅沢はいえません。

労災保険については、1日でも働けば、その勤務中の怪我などについては保証されますので、この点については安心できます。

また、有給については、6ヶ月以上継続して、その勤務日数の8割以上の勤務期間があれば、有給休暇も得ることができます。

正社員などと比較すると、やはり福利厚生面では見劣りしますが、能力が認められれば、派遣社員から正社員への登用などもあるそうです。

働きたいと思う女性にとって、雇用されやすい派遣社員は、転職を考える際には考慮に入れておきたい存在となっているようです。

転職・派遣から正社員


不況により、正社員としての雇用が減少したということや、ライフスタイルの多様化により、パートやアルバイト、または派遣社員という形で働く人が、非常に多くなってきています。

特に女性の場合、結婚や出産、育児など、働ける時間が限られる場合も多く、転職を余儀なくされることもあるかと思います。
どのような理由であっても、一旦退職などをしてしまうと、再び正社員として勤務するのはなかなか難しく、アルバイトや派遣社員という形になってしまうことが多いようです。

しかし、正社員としての雇用が少なくなったとはいえ、会社側が全く正社員を置かないということはありません。

現在多くなっている、正社員への雇用方法が、パートや派遣社員などからの登用です。
新卒や中途採用を採用するよりも、その会社で働久那かで有能な人を登用していくほうが、会社としてもリスクが少ないからです。
実務経験者が転職や再就職の時に有利になるのは常識ですから、社員への登用もそう思うと、当然のことなのかもしれません。

やる気をもって、高度な知識や技術を取り入れようと努力したり、積極的に仕事に取り組み、徐々に責任ある仕事を任せられる要になることなどが、正社員への近道となっているようです。

転職を考えるとき、パートやアルバイトとなると、どうしても正社員より見劣りしてしまいます。
しかし、自分がやりたい仕事がある場合、正社員にこだわっていては、なかなか就職できないというのも事実です。

自分の目指す仕事があるのでしたら、一旦はアルバイトや派遣社員という形でもいいので、その仕事に携わり、その中でスキルを磨いていくというのが、一番の近道かもしれません。

転職女性のおもいきり


女性が転職を考えるとき、おもいきりのよさも重要なポイントとなるのではないでしょうか。

現在の仕事に不満があるからといって、安易な転職はスキルアップにはつながりません。

特に女性の場合、結婚や出産、育児など、働ける時間が限られる場合も多く、仕事を続けていくことや、転職するということが、難しくなってしまう場合もあります。

だからといって、「いずれはキャリアアップを・・」と考えながらも、何も準備をせずに不本意な仕事を続けていくのは、誰のためにもなりません。

女性の場合、転職には年齢も重要なポイントとなりますので、不安に思うことも多いでしょうが、ある程度、おもいきりよく行動することも必要なのではないでしょうか。

もちろん、何の準備もせずに、安易に転職するからと仕事を辞めてしまうのは、避けたい行動です。

転職するためには、
今勤めている会社を辞める明確な理由。
次に勤める会社の条件。
次の仕事に必要になるであろう資格など。
そして、ある程度の貯蓄。
止むを得ない事情がないのでしたら、最低でもこれらを揃えた上で、行動に出たいものです。

特にキャリアアップを目指す場合でしたら、専門書を読んだり、講習会に出席したり、資格を取得したりと、それなりの準備が必要となります。
安易な動機の転職は、条件が揃わずキャリアアップとならない場合も多いようですから、注意が必要です。

おもいきりのよさと計画性。
この二つのバランスをとることが、まずは転職を成功させるポイントとなるのではないでしょうか。

転職女性の職務経歴書


即戦力が求められる転職者の求職活動において、最も重要となるのが、職務経歴書です。

新卒者はその人材を見るだけですが、転職者の場合、どんな仕事を経験し、どんな実績を積んでここまでやってきたのか、採用する側にはとても気になることです。

良いとされる職務経歴書はどのようなものでしょうか。
一般的に長さとしては、A4用紙2枚程度に収まるものが望ましいとされています。
ダラダラと長く書かれた職務経歴書では、読むだけで疲れてしまいますし、この程度のことをまとめる能力すらないのかと、不採用の理由にもなってしまいます。

内容として重要なことは、年齢に応じたキャリアやスキルが形成されていることです。

応募する企業の職務内容にあわせ、自分の今までのキャリアが、きちんと役に立つということをアピールすることが重要ですから、職務経歴表はその企業によって使い分けなければなりません。

長い期間携わったとか、大きな貢献ができたなど、自信のある実務経験などがあれば、そういったことを特に強調するなど、メリハリある実務経歴書が好まれるようです。
専門職や技術職など、具体的な事例がたくさんある場合は、別紙としてまとめたほうが、より強弱のつく、わかりやすい職務経歴書となるようです。
ただ、女性の場合、一般事務などの仕事を執り行っていたため、明確な業務実績などがあげにくい場合もあるかと思います。
そういった場合は、実務経験につながる、資格やPCスキルなどの自己アピールを設け、就労した企業の規模や部署など、仕事の実績を具体的な数字で表すと良いようです。

転職の際には欠かせない職務経歴書。
作り方次第では強い味方になりますので、是非納得のいくものを作ってください。

転職女性の積極採用


男性が外で働き、女性は家で家事や子育てをするということが、長い間美徳とされていましたが、最近では女性の社会進出も目覚しく、女性を積極的に採用する企業が増えてきているそうです。

特に、最近増えてきている外国資本の会社においては、その本国での女性の活躍が当たり前となっているので、日本においても、女性を多く登用するという流れになっているそうです。

インターネット上を見ても、女性専用の求人サイトなども数多くあり、女性の採用が増えているということを実感できるとともに、そういったサイトを利用することは、転職にも有利になっているようです。

そんななか、特に積極的に女性を採用している業種が営業職です。
営業職は顧客のニーズにどれだけ応えれるかというのが勝負になってきていますので、女性特有の気遣いなどが好まれる結果となることも多いようです。

また、最近では女性をターゲットとしたビジネスも増えており、そういった場では、当然女性が優先して採用されるということが多いようです。

ただ、有能な女性であっても、結婚や出産、子育てといったことと平行して、会社勤めを続けていくということは、たやすいことではありません。
その為、女性を積極的に採用することで有名な企業などでは、託児所など、女性が働きやすい環境を売りとした企業も多くあるようです。

また、転職に限らず、新卒の場合もかなりの企業が女性の獲得に力を入れているようで、結婚までの腰掛・・・として、働くということは、既に時代遅れとなっているようです。

転職女性の適齢期


転職においては、男性であっても、女性であっても、年齢は一つの重要な要素となります。

転職には、自分のそれまでの経験を生かし、同じ業種を目指す「キャリアアップ」と、それまでの業種とは関係のない、新しい分野へ挑戦する「キャリアチェンジ」と2つのタイプがあります。

キャリアアップ型の転職ですと、それまでの経験が生かせますので、たとえ40代の女性であっても、全く採用されないというわけではありません。
しかし、キャリアチェンジ型の転職ですと、それまでのキャリアやスキルといったものが、あまり生かせないので、年齢的なハードルが高くなります。

20代は修行の時期、30代はより専門性を高める時代とも言われ、20代の頃と比べると、会社から期待されることも、より多くなってきます。
会社側としても、キャリアチェンジの場合は、新しい情報を素直に受け入れ、勉強していけるのは20代までと、制限している場合もあります。

20代までに学んだことを基本に、更にやりたい仕事を絞り込んでいくことが良いとされていますが、女性の場合、結婚や出産など、先々のことも考えねばなりませんので、キャリアチェンジの場合のハードルの高さはかなりのものとなるのではないでしょうか。

しかし、全く不可能というわけではありません。
キャリアチェンジの場合、最も重要となるのは本人の強いやる気です。
新しい業界で、一からの出直しですので、勉強しなければならないこともたくさんあります。
しかし、転職を考え出した時から、自分が目指す職業に関する勉強などを積み重ね、面接時に強くアピールできたり、資格などのわかりやすい形で提示することができれば、企業としても雇う価値があるのではないかと、考えてくれるかもしれません。

多少のハンデがあっても、「やりたい」という気持ちが大きな武器になりますので、年齢や性別にこだわらず、自分のやりたい仕事を目指していくのも、良いのではないでしょうか。

女性の転職の増加と人材紹介会社


女性の転職の増加により、それを支援する人材紹介会社もインターネット上などでよく見かけるようになりました。

人材紹介会社のサイトでは、女性専用など、それぞれのニーズにあった多種の求人がありますし、自分の気に入った条件で、気軽に転職先を探せるということや、気になる業界について調べることができるなど、職業安定所などの情報よりも、よっぽど役立つこともあります。

人材紹介会社には、キャリアコンサルタントと呼ばれる、転職のプロがいます。
業種や職種、年齢や性別など、それぞれの分野について深い知識を持った方が、いらっしゃいますので、働きたいと考える女性にとっては強い味方です。

しかも、人材紹介会社は、面談から企業紹介、履歴書の添削や、面接対策などといったことを全て引き受けてくれるにもかかわらず、法律上の規制により、求人企業側からの報酬しか得ることができません。
その為、転職希望者の利用は全て無料であるというのですから、転職の際にはお世話になるべきではないでしょうか。

より良い人材紹介会社を選ぶポイントはいくつかあります。
一つは、豊富な仕事情報を持っているかということ。
女性向けに特化された会社や、業種別に強い会社など、人材紹介会社にも様々あります。
自分のニーズに合った会社を選びましょう。

二つ目は、カウンセリングに手間をかけてくれるということです。
いくらたくさんの情報があっても、本当に自分にあう会社かどうかは、表面だけでは見えてきません。
時間をかけ、面談などのカウンセリングをしてくれる会社は信用に値すると思います。

人材紹介会社といっても、実際にマッチングをしてくれるキャリアコンサルタントの能力によるところが大きいようです。
信頼できるキャリアコンサルタントを見つけることが、自分に有利な転職への近道ではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。